人気ブログランキング |

ひとつぶの幸せ



6回目の結婚記念日 ジョエル・ロブション

c0022748_2184461.jpg

2000年の元旦、その日は大安でした。
まだ学生だった私と、2000年問題で毎日馬車馬のように働いていた夫が結婚(入籍)した日です。
学生結婚だったので、結婚式はそれから1年後の卒業してから。
結婚式の頃にはもう新婚気分も薄れていました~。笑
なので、私達にとってはこの入籍した元旦が結婚記念日だと思っています。

「もう6回目だってよー。お互いよく飽きないね~。笑」
「当分飽きそうに無いね。まだツッコミところ満載だもの。」
「スイート10ダイヤモンドの準備しといた方が良いよー。」
などと話しながら、今年はジョエル・ロブションでお祝いの食事をしました。
元旦という事で、毎年「ホテルから選ぶしかないね~」と思っていましたが、なんとロブションは年中無休!!夜は実家で食事をする約束をしていたので、ランチに伺いました。

お正月のランチは1万円のコースのみとの事。
普段より少し高くなっているのはお正月だからしょうがないかな・・・と思ったのですが、
結果から先に言うと、お正月料金というよりは、これで1万円は安い!と思えるような満足度でした。
正直言って1番惚れたお店かもしれません。
お料理はどれも細かなところまで計算されていて、シェフの料理への情熱・お客への愛情を感じました。
うまく言葉では表せないけれど、本当に感動したのです。
2006年のスタートがロブションで幸せ。

アミューズは【フォアグラのムース ポルト酒のソース】
1発目からやられました。
個人的にフォアグラが好きだからでなく、きっと誰もが感動するアミューズだと思います。
c0022748_3134699.jpg

c0022748_314186.jpg

フォアグラと卵黄でムースが作られているとの事。
ソースの中には柿の実が小さく刻まれています。
c0022748_3145996.jpg

パンはこんな素敵なお皿に。
口に入れる前から香りが漂うオリーブオイルに、1滴のバルサミコソース。そして、ほんの少しのコショウ。
こんな「ほんの少し」や「1滴」に感動しちゃいます。
写真を撮り忘れたけれど、このパンの次はワゴンサービスで沢山のパンがやってきました。
パン屋さんの全種類?というほどのラインナップ。
おかわりにアンチョビが入ったミニクロワッサン・黒オリーブのパン・ローズマリー入りブリオッシュを頂きました。
c0022748_3182820.jpg

バターも美しい容器に入れられて。
ピカピカのカラトリーで背筋がピンと伸びます。
c0022748_3193925.jpg

【季節の茸 タラバガニに森の香るブイヨンを注いで】
スープと具を別のまま登場しました。
c0022748_3211150.jpg

一口飲んだら「ちょっと濃いかな?」と思ったのだけど、濃いのではなくて味が深いのでした。
コンソメの深みが寒いからだを温めるし、フランス産の茸や松茸がいい香り。
タラバガニも口の中で甘さが広がります。
c0022748_3232140.jpg


つづきます。
by felice30 | 2006-01-03 03:23 | 外ごはん
<< ジョエル・ロブション2 夫からのプレゼント >>

日々の生活の中のちいさな幸せを紹介。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
脱コテコテ熱海旅行 ~A..
from coruha*のへそ 
川平湾クルーズ?
from celicciって誰?
八重山そば
from celicciって誰?
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧